外壁塗装 見積 お助け隊へようこそ! 無料 匿名でデザイン案 見積が比較できる   塗装の計画で大切なこと


HOME >塗装の計画で大切なこと

外壁塗装の計画で大切なこと

外壁のイメージを長期的にきちんとかんがえていますか?

外壁塗装は、5年10年だけのものではありません。
今後、長い場合は何十年も付き合っていくものです。
また、外壁は毎日の生活に密接に関係していますので、
きちんと将来を考えた長期的なイメージをすることが重要になってきます。

特に考えなければいけないことについて以下の4項目を説明します。

塗装の目的に関して

耐候性に関して

遮熱性に関して

仕上りに関して

 塗装の目的に関して

建物はいつも雨、風、紫外線などにさらされていて時間の経過とともに劣化を繰り返しています。 そこで”塗り替え”をすることでこう言った劣化条件から建物を守っていくのです。例えば塗装により木部や鉄部を腐食から守り、コンクリートのひび割れを防ぐことによって建物を劣化から守ることができるのです。

 耐候性に関して

使う塗料で耐用年数や耐候性・仕上りは変わります。
塗料も様々な種類があり、耐久年数が長く、耐候性が高いほど価格は高くなります。

 塗料の種類
  耐久年数
               性   質
アクリル樹脂
   3~5年
コストが安い
ウレタン樹脂
   5~8年
一番多く使われており、耐久性や耐気候性に優れています。
シリコン樹脂
  7~10年
耐久性、耐薬品性にも優れています。
フッ素樹脂
10年~13年
長期耐久性があり、塗料としては最高水準の性能です。

只、外壁の痛み具合や、計画によって必ず高価な塗料を使う必要が無い場合もあります。
最適な時期と塗料がわかれば無駄な費用もかかりません。

「でも、塗替えのタイミングは?どんな塗料が適しているの?」
そんな不安も心配ご無用。
当サイト加盟塗装業者はご予算と長期計画の中で最も適した塗料をご提案いたします。

 遮熱性に関して

5~6年程前から、各メーカーで扱われるようになった遮熱塗料、
塗装するだけで省エネ効果がある塗料で、夏期の太陽熱を反射させ、
温度の上昇を防ぎ、室内環境の向上、冷房費の節約に役立ちます。

ヒートアイランド対策とCO2削減

ヒートアイランドが進むほど冷房の需要が増加し、それに伴う排出熱で、
さらにヒートアイランドの促進を招きます。

ヒートアイランドは急激な上昇気流の原因となり、ゲリラ豪雨、竜巻など自然災害の引き金となりかねません。

遮熱塗料を塗装することで建物の温度上昇を抑制し、ヒートアイランド対策に有効な手段として注目されています。

夏期の冷房用エネルギーの削減により電気料金、CO2削減にも貢献します。
熱膨張を抑制することで塗膜、素材の耐久性向上が期待できます。

 仕上がりに関して

外壁の仕上げ模様はいろいろありますが、下地の材質によって適用できるものと、
できないものもあります。当サイト加盟業者とよくご相談ください。


上記の内容などをきちんと塗装業者に伝えることで、デザインの良さだけではなく、あなたやご家族のライフスタイルにあった外壁が完成します。
これらのポイントをきちんと伝えませんと、見た目は綺麗だけど、手入れが大変な外壁になってしまいます。

実は、外壁が完成して最も後悔するのは、見た目のデザインではなくて、上記をきちんと検討しなかったことによる生活する上での不便さなのです。

上記の内容をきちんと取り入れてくださる塗装業者と、無料・匿名にてご相談をすることが出来ます。また、提案や見積などを受取ることが出来ます。
匿名でのやり取りから始まりますので、嫌な売込などを受ける心配も一切ございません。

まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族でじっくりと外壁について考えてみて下さい。
あなたやあなたのご家族が、本当に満足の出来る外壁が出来上がることを願っております。

PageTop




HOME - サイト利用のメリット - 無料提案お見積り - よくある質問 - パートナー会社募集 - 運営会社

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記

 

車のことなら海上コンテナ格安販売││さくらんぼの取寄せなら
すももの王様貴陽
旬のフルーツのことなら

布ナプキンのことならレンタルコンテナのことならタイヤ保管のことなら